Eigemann Hobby Blog

プラモ初心者が日々制作に奮闘する様を描いたブログです

PLAMAX 1/20 ガールズ&パンツァー 劇場版 カチューシャ&ノンナ 製作記 PART2

こんにちはEigemannです。

 

 PLAMAX 1/20 ガールズ&パンツァー 劇場版 カチューシャ&ノンナ製作記第二回です。お手軽にササッと組んで塗装して完成させるつもりだったが意外に時間かかってる。同時進行のものが多いからもあるがどうも自分の手際も悪い。今回特に。

 

PLAMAX 1/20 ガールズ&パンツァー 劇場版 カチューシャ&ノンナ

肌色のパーツにはピンクサフ吹いた。いつもはグレーを塗っていたがやはり発色がよくなくゾンビみたいな肌の色になってしまう。下地に赤とかも塗ってみていたがピンクのサフだと一手間省けて楽かも。

 

以前買っておいたが使うのは今回が初。 

 

 

PLAMAX 1/20 ガールズ&パンツァー 劇場版 カチューシャ&ノンナ

サフを吹いたところで組み立ててみた。やはり合体させていては塗り分けはキビシイ。塗装後にパーツ接着と2体をくっつける。

 

 

PLAMAX 1/20 ガールズ&パンツァー 劇場版 カチューシャ&ノンナ

一気に7色塗った。量的には少ないのでそんなに時間はかからないのだが色を変えるときの準備に一番時間がかかった。

 

 

PLAMAX 1/20 ガールズ&パンツァー 劇場版 カチューシャ&ノンナ

そして組み立てて塗装完了と思いきや。組み立て中に接着剤でカチューシャの足を汚してしまった。これは拭いて落とせるレベルではない。このパーツだけ塗り直しが必要になった。

 

今回のまとめ

あと瞳デカール貼りと艶消しだけと油断していた。接着剤つけすぎたのでパーツ汚してしまった。このためのやり直し時間が勿体無い。黒い塗料が肌のパーツについたのでピンクサフのところからやり直しかな?なんとももどかしい。

 

 

 

 

eigemann.hatenablog.com

 

 

TAMIYA 1/72 イギリス空軍 スーパーマリン スピットファイア Mk.I  製作記 PART3

こんにちはEigemannです。

 

スピットファイア製作記最終回です。ようやく完成。映画見てから完成までかなりの時間がかかった。もっと早くできると思ったけどまだまだ飛行機は難しい。

 

 TAMIYA 1/72 イギリス空軍 スーパーマリン スピットファイア Mk.I

ウォッシング後にエナメル塗料で汚して完成。ガイアのエナメルを使ってエンジンまわりを汚した。

 

ガイアノーツ ガイアカラー 赤サビ 10ml 模型用塗料 GE051

ガイアノーツ ガイアカラー 赤サビ 10ml 模型用塗料 GE051

 

 

 

ガイアノーツ ガイアカラー 黄サビ 10ml 模型用塗料 GE052

ガイアノーツ ガイアカラー 黄サビ 10ml 模型用塗料 GE052

 

 

 

ガイアノーツ ガイアカラー オイル 10ml 模型用塗料 GE054

ガイアノーツ ガイアカラー オイル 10ml 模型用塗料 GE054

 

 

 

ガイアノーツ ガイアカラー 煤 10ml 模型用塗料 GE053

ガイアノーツ ガイアカラー 煤 10ml 模型用塗料 GE053

 

 

 

ガイアノーツ ガイアカラー 埃 10ml 模型用塗料 GE055

ガイアノーツ ガイアカラー 埃 10ml 模型用塗料 GE055

 

 

 

ガイアノーツ 速乾性エナメル系溶剤 缶入り 50ml 塗料用薄め液 T-12

ガイアノーツ 速乾性エナメル系溶剤 缶入り 50ml 塗料用薄め液 T-12

 

 この5色を使った。ほぼ現在のガイアエナメルの全色。薄め液で全体的にならした。

 

 

TAMIYA 1/72 イギリス空軍 スーパーマリン スピットファイア Mk.I

コクピットまわり。今回はキャノピーの塗り分けは比較的簡単だった。

 

 

TAMIYA 1/72 イギリス空軍 スーパーマリン スピットファイア Mk.I

最後に気づいたが尾翼が真っ直ぐになってなかった。工作もまだまだだな。

 

 

TAMIYA 1/72 イギリス空軍 スーパーマリン スピットファイア Mk.I

横から。デカールはあちこち破れて失敗ばかりだった。

 

 

TAMIYA 1/72 イギリス空軍 スーパーマリン スピットファイア Mk.I

上から。左右で本体のデカール位置が左右対称でないけどこれでよかったのだろうか?

 

 

TAMIYA 1/72 イギリス空軍 スーパーマリン スピットファイア Mk.I

こちらからのほうがなんとなくうまく出来た気がする。

 

製作を終えて

きっかけは映画「ダンケルク」だったが、ちょうど紫電を作っていて飛行機も今後挑戦していきたいと思っていたので連続で飛行機作ってみた。まだまだ気合の1機は作れてないが今後も作っていきたい。スピットファイアって世界で一番プラモ化されてるとかどこかで聞いたがそんなキットを早めに作れたのはよかったかも。

 

 

 

 

eigemann.hatenablog.com

eigemann.hatenablog.com

 

 

 

 

TAMIYA 1/72 イギリス空軍 スーパーマリン スピットファイア Mk.I  製作記 PART2

こんにちはEigemannです。

 

スピットファイア製作記第二回目です。なかなか時間も取れないこともあり製作は遅い。今回は塗装開始。ウェザリングを考えると今回で艶消しクリア吹きまでもっていきたい。

 

TAMIYA 1/72 イギリス空軍 スーパーマリン スピットファイア Mk.I

スカイで本体下部と各パーツを塗装。コクピットはスカイではないけど見えにくくなるのでスカイで塗装。

 

 

TAMIYA 1/72 イギリス空軍 スーパーマリン スピットファイア Mk.I

ダークアースで本体を塗装。塗料は全部イギリス空軍機塗料セットのもの。

 

 

 

 

 

TAMIYA 1/72 イギリス空軍 スーパーマリン スピットファイア Mk.I

ダークグリーンを筆塗りで迷彩パターンを書く。これもっと薄く塗るのを忘れて横着してしまった。なので筆ムラがひどい。あとコクピットとか奥まるパーツに墨入れもおこなった。

 

 

TAMIYA 1/72 イギリス空軍 スーパーマリン スピットファイア Mk.I

ダークグリーンで迷彩をおこなった。エアブラシは2本準備してダークアースもグリーンの修正用に用意しておきグリーンの面が大きくなりすぎたらダークアースで修正した。

 

TAMIYA 1/72 イギリス空軍 スーパーマリン スピットファイア Mk.I

デカールを貼って艶消しクリア吹いた。デカール貼りに苦戦してボロボロにしてしまった。大きかったり長さのあるものが多かった。

今回のまとめ

目標にしていたクリア吹きまで行えた。次回ウェザリングで完了。しかしなかなか時間もかかってるし各工程で失敗も多い。日本軍機1機作っただけではそんなに腕も上がらないか。まだまだ飛行機プラモも上達まで時間かかりそう。 

 

 

 

eigemann.hatenablog.com

 

PLAMAX 1/20 ガールズ&パンツァー 劇場版 カチューシャ&ノンナ 製作記 PART1

こんにちはEigemannです。

 

今回は1/20 ガールズ&パンツァー 劇場版 カチューシャ&ノンナを製作します。フィギュアかあ。今までも作ってたが記事にしてなかったなあ。と思ったが今までのフィギュアはガレキのレジンキットだった。これはプラモ。自分でもすっかり忘れてた。レジンの独特の臭いがしないので、あーそうだったって思い出した。

 

PLAMAX  1/20 ガールズ&パンツァー 劇場版  カチューシャ&ノンナ

パーツはよく分割されているので無塗装でもいいくらい。でも塗るけど。組み立てて思ったがカチューシャをノンナに接着すると説明書に書かれているが接着したらどうやって塗装するかわからない。塗り分けすごい難しそう。

 

 

PLAMAX  1/20 ガールズ&パンツァー 劇場版  カチューシャ&ノンナ

ノンナの頭に真鍮線で軸打ちしてカチューシャの体には穴を開けた。これで分割して塗装後に2体をくっつけれる。こういうの以前にガレキのフィギュアで軸打ちやってなかったら思いつかなかった。色々やっておくもんだ。

 

 

PLAMAX  1/20 ガールズ&パンツァー 劇場版  カチューシャ&ノンナ

軸打ち後に合わせてみた。腕の角度は塗装後に接着するときに調整必要かもだが大体大丈夫そう。真鍮線は1.0mmの太めなのにしておいた。

 

 

PLAMAX  1/20 ガールズ&パンツァー 劇場版  カチューシャ&ノンナ

服とかブーツとかのパーツにサフ吹いた。肌色とか髪は別の色のサフ吹く予定。

 

今回のまとめ

フィギュア作ってるんだがプラモなんだよなあ。フィギュアといえばレジン製ってイメージが強かったので。レジンの臭いが苦手なのでいい時代なんだろうなあ。昔プラモでここまでできのいいフィギュアってなかったと思う。次に出るダージリンも出来よさそう。なんで主人公達は出さないんだろう?

 

 

 

 

 

TAMIYA 1/72 イギリス空軍 スーパーマリン スピットファイア Mk.I  製作記 PART1

こんにちはEigemannです。

 

今回はスーパーマリン スピットファイア Mk.I を作製します。もちろん映画「ダンケルク」をみた影響で。映画観たその足でキット購入してきたくらい。しかしこの前に紫電作って当分は飛行機作らないつもりだったが早速また作ることになろうとは。

 

 TAMIYA 1/72 イギリス空軍 スーパーマリン スピットファイア Mk.I

キットにはランナー1枚でパーツは非常に少ない。組み立てはあっという間だった。本体に合わせ目ができるので消してサフを吹いて確認までおこなった。

 

 

TAMIYA 1/72 イギリス空軍 スーパーマリン スピットファイア Mk.I

早速塗装に入れるんだが使う塗料が普通のラインナップにない。調色するかと思っていたら紫電と同じくイギリス空軍機塗料セットでてた。

 

 こちらに入ってるダークアースとスカイが使える。

 

 これに入ってるダークグリーンが使える。

 

今回のまとめ

やはり映画の影響は強かった。地味なストーリーなんだがこのスピットファイアが一番頑張ってた感があった。まさか現用機とかレシプロ機でも米軍機とかの前にこれを作るとは思ってなかった。飛行機キットも早くも2つ目。筆塗りで塗ってみたいとも思うがやはりエアブラシ使っちゃうだろうな。

 

 

 

 

 

HGUC -GUNPLA EVOLUTION PROJECT- 1/144 機動戦士Zガンダム ゼータガンダム

こんにちはEigemannです。

 

今回は1/144 Ζガンダムを作製します。久々にHGのガンプラ。色々な他のジャンルで学んだ技術反映できるといいなあ。ガンプラ改修は結構ガンプラ固有な作業も多いけど。

 

 

 HGUC -GUNPLA EVOLUTION PROJECT-  1/144 機動戦士Zガンダム ゼータガンダム

組み立て完了。普通にカッコイイのでどこ改修するのか正直迷う。普通に塗装して終わらせてもいいんだが。

 

 

 

HGUC -GUNPLA EVOLUTION PROJECT-  1/144 機動戦士Zガンダム ゼータガンダム

ビームライフルとシールドも作製しておいた。非常に長いライフル。かなり引かないとフレーム収まらない。

 

 

HGUC -GUNPLA EVOLUTION PROJECT-  1/144 機動戦士Zガンダム ゼータガンダム

ハイパーメガランチャーはもうデカすぎて全体が写真に収まらなかった。

 

 

 

HGUC -GUNPLA EVOLUTION PROJECT-  1/144 機動戦士Zガンダム ゼータガンダム

まず足元から改修を開始。靴の幅をヤスリで削って細くした。何ミリとかちゃんと測るべきだなと思いつつ目分量でやってしまった。スジボリ追加と靴の形も多少変更。

 

 

 

HGUC -GUNPLA EVOLUTION PROJECT-  1/144 機動戦士Zガンダム ゼータガンダム

靴のつま先を変更した。接地面が減ったので倒れやすくなったかも。

 

今回のまとめ

買ってからかなり放置していたキットのひとつをようやく製作開始できた。そもそもゼータは旧キットも含めて一度も作ったことない。一度は作ってみたかった。普通に作らず改修しながら進めていくので当分完成しない気がする。長期シリーズ覚悟で今回はやるつもり。多分途中で別キット作ったりしそう。

 

 

 

 

TAMIYA 1/72 日本海軍 川西 局地戦闘機 紫電 11型甲 製作記 PART3

こんにちはEigemannです。

 

TAMIYA 1/72 日本海軍 川西 局地戦闘機 紫電 11型甲 製作記の最終回です。初挑戦の飛行機が完成までたどり着けた。とにかく出来より完成させることが今回の目標だったのでできただけで満足。

 

 TAMIYA 1/72 日本海軍 川西 局地戦闘機 紫電 11型甲

完成。キャノピーの塗り分けは最後まで完璧にならなかったが今回はここまで。汚しには機体下部にはグレーとブラウンのウェザリングカラーを混ぜたもの。上部には更にブラックを混ぜたものを塗った。極細の筆でシルバーを塗って塗装剥げ表現したがイマイチだった。

 

 

 

TAMIYA 1/72 日本海軍 川西 局地戦闘機 紫電 11型甲

正面から。片方の足が曲がってしまった。ガンポッドの接着箇所が悪かったらしい。主脚が真っ直ぐ付けれなくなってた。主翼の黄色い箇所はデカール。塗装も考えたがデカールで済ませた。

 

 

 

TAMIYA 1/72 日本海軍 川西 局地戦闘機 紫電 11型甲

排気管のところにはガイアのエナメルを使ってみたがイマイチ使いかたがよくなかった。

 

ガイアノーツ ガイアカラー 煤 10ml 模型用塗料 GE053

ガイアノーツ ガイアカラー 煤 10ml 模型用塗料 GE053

 

 オイルも使うか考えたが煤があまりうまく表現できなかったのでやめておいた。

 

 

 

TAMIYA 1/72 日本海軍 川西 局地戦闘機 紫電 11型甲

上部から。塗装剥げのシルバーは色選び間違えたかも。

 

 

 

TAMIYA 1/72 日本海軍 川西 局地戦闘機 紫電 11型甲

初の飛行機製作なのでこの機体にもかなり愛着が湧いた。

 

製作を終えて

初ジャンル挑戦は久々だったので完成させれて満足度高い。もちろん完成品のレベルは低いけど普段作るものとは異なるものを作るのは面白い。他のジャンル同様に定期的に作りたい。最近映画「ダンケルク」みたので次の飛行機はスピットファイアを作ってみたい。しかし次は久々にガンプラ作りたいな。

 

 

 

 

eigemann.hatenablog.com

eigemann.hatenablog.com