Eigemann Hobby Blog

プラモ初心者が日々制作に奮闘する様を描いたブログです

HGBF ガンダムビルドファイターズ バトローグ 1/144 ストライカージンクス 製作記 PART4

こんにちはEigemannです。

 

ストライカージンクス 製作記最終回です。完成してたけど記事を書くの忘れてた。

 

HGBF ガンダムビルドファイターズ バトローグ 1/144 ストライカージンクス

目のセンサーは付属のシールにクリアの塗料を塗った。効果は微妙だった。

 

 

HGBF ガンダムビルドファイターズ バトローグ 1/144 ストライカージンクス

スマートガンをフレームに収めるにはかなり引かないと。

 

 

HGBF ガンダムビルドファイターズ バトローグ 1/144 ストライカージンクス

チッピングがイマイチ効果的ではなかった。もっとハデにやってもよかった。

 

 

HGBF ガンダムビルドファイターズ バトローグ 1/144 ストライカージンクス

背中から。

 

 

HGBF ガンダムビルドファイターズ バトローグ 1/144 ストライカージンクス

スマートガンを構える。首があまり動かないのでポーズが難しい。

 

 

HGBF ガンダムビルドファイターズ バトローグ 1/144 ストライカージンクス

アニメのようにビームサーベルを二刀流で持ったポーズ。

 

 

HGBF ガンダムビルドファイターズ バトローグ 1/144 ストライカージンクス

装甲を外して普通のジンクスになった状態。胸のアーマー外すの忘れてた。

 

製作を終えて

年始からパンター戦車と平行して作成してきたのでようやくといった感じ。やはり長すぎると飽きるの早いので最後の方はかなり妥協してしまった。やりたいことはまだあったが終了にした。ウェザリングも何かスケモと違って中途半端になってしまう。なんかそこまでボロボロにする気が起きない。なので工作は苦手だし塗装も中途半端になってしまう。綺麗に作るのか汚して作るのかもっとハッキリさせないといけないなあ。

 

 

 

 

第4話 俺たちの戦争

第4話 俺たちの戦争

 

 

 

eigemann.hatenablog.com

eigemann.hatenablog.com

eigemann.hatenablog.com

 

 

 

HGBF ガンダムビルドファイターズ バトローグ 1/144 ストライカージンクス 製作記 PART3

こんにちはEigemannです。

 

ストライカージンクス 製作記第三回目です。かなり時間はかけているのだが未だに完成せず。とりあえず基本塗装は終わったので今回はウェザリングをメインに。

 

HGBF ガンダムビルドファイターズ バトローグ 1/144 ストライカージンクス

基本塗装完了して組み立ててみた。

 

 

HGBF ガンダムビルドファイターズ バトローグ 1/144 ストライカージンクス

白のハイライト吹いたので全体的に白い。

 

 

HGBF ガンダムビルドファイターズ バトローグ 1/144 ストライカージンクス

メカサフスーパーヘビーで関節も塗ってしまったことにあとになって気がついた。関節は普通のヘビーで塗るつもりだった。

 

 ヘビーのほうが自分が考えてた関節のグレーに近かった。

 

HGBF ガンダムビルドファイターズ バトローグ 1/144 ストライカージンクス

ロシアングリーンで塗ったというだけの理由でモデルカステンのロシア語デカールとハイキューのデカールを貼った。

 

モデルカステン ロシアンデカール プラモデル用デカール DC-10

モデルカステン ロシアンデカール プラモデル用デカール DC-10

 

 

 

HGBF ガンダムビルドファイターズ バトローグ 1/144 ストライカージンクス

 

 

 

HGBF ガンダムビルドファイターズ バトローグ 1/144 ストライカージンクス

チッピングもこの時点で行っておいた。ファレフォのパステルグリーンでスポンジポンポン。もっとハデにやっておくんだった。

 

 

HGBF ガンダムビルドファイターズ バトローグ 1/144 ストライカージンクス

ウェザリングカラーのグランドブラウンで汚しを描き込んだ。関節は色が濃すぎたのでマルチグレーを塗って退廃した感じにしてみた。

 

 グレーはいつも墨入れに使ってたがこういう使い方は初めて。

 

HGBF ガンダムビルドファイターズ バトローグ 1/144 ストライカージンクス

 

 

 

HGBF ガンダムビルドファイターズ バトローグ 1/144 ストライカージンクス

 

今回のまとめ

ウェザリングはほぼ完了したので終了でもいいかと思ったが何かが足りなくて満足がいってない。多分戦車ほどガッツリ汚せてないからだと思う。なんか中途半端なのだ。しかしこのMSそんなに汚れるイメージではない。設定とか完全無視すればいいのだがそうもいかず。なんだかモヤッとしている。でもそろそろ終了にしよう。もう結構な期間こればかり弄ってる。

 

 

 

 

eigemann.hatenablog.com

eigemann.hatenablog.com

 

 

 

HGBF ガンダムビルドファイターズ バトローグ 1/144 ストライカージンクス 製作記 PART2

こんにちはEigemannです。

 

ストライカージンクス製作記第二回です。HGのガンプラ1個作るのにこれだけ時間がかかるのはヤバイとは思いつつ、結構ボリュームのあるキットだし時間もとれないしとか言い訳ばかり思いつく。

 

HGBF ガンダムビルドファイターズ バトローグ 1/144 ストライカージンクス

今回の工作はここまで。細かいディテールアップと肉抜き埋めくらい。プロポーションとかまで弄るとさらに時間かかるのでやめておいた。

 

 

HGBF ガンダムビルドファイターズ バトローグ 1/144 ストライカージンクス

プラ板貼ったりシアノンで埋めたパーツ。仕上げがイマイチ綺麗でない。やり直す時間ないので今度はもっと頑張ろう。今回はこれくらいで。

 

 

 

HGBF ガンダムビルドファイターズ バトローグ 1/144 ストライカージンクス

まずはいつもの白サフ。吹いてから気づいたがシアノンで埋めた箇所がデコボコしていた。捨てサフでチェックするの怠ってた。前のガンダムでも同じミスしたのでイラついてやり直した。その時使ったのはスピンブレード。

 

ゴッドハンド スピンブレード 5本セット プラモデル用工具 GH-SB-1-3
 

 周りの人達がべた褒めするこの工具。穴開けるものだろうと思っていたがスクレイパーのように使える。スジボリも可能でタガネで削ったところいい感じにしてくれる。これほんと便利だった。どおりで皆が褒めるのもよくわかった。これはいい道具。

 

 

HGBF ガンダムビルドファイターズ バトローグ 1/144 ストライカージンクス

スピンブレードで表面整えたので再度白サフとGNスマートガンにはメカサフスーパーヘビーを吹いた。

 

 設定より濃いグレーだが武器は濃い色のほうが好み。

 

 

HGBF ガンダムビルドファイターズ バトローグ 1/144 ストライカージンクス

MSディープグリーンにロシアングリーンを混ぜて塗装。ロシアングリーンが強すぎた。ロシア戦車のカラーになってしまった。もうこれでいいや状態。白でグラデーションも吹いておいた。

 

ガンダムカラー UG07 MSディープグリーン

ガンダムカラー UG07 MSディープグリーン

 

 思ってたほど濃いグリーンではなかった。もっと深緑だとおもってた。

 

 

HGBF ガンダムビルドファイターズ バトローグ 1/144 ストライカージンクス

 

 

ガンダムカラー UG06 MSグリーン

ガンダムカラー UG06 MSグリーン

 

 明るいグリーンにはMSグリーンを使った。これはまあいいでしょうくらい。もうちょっと白くても良かったかも。

 

今回のまとめ

基本塗装はあと少しで終了のところまでこれた。なんかロシア戦車仕様になってしまったが。汚しをいれるのでそれもいいかも。アニメの設定通りだとあまり汚れてる印象はない。地上戦用MSといっても基本空飛んで戦ってたし。汚しをどうするか現在考え中。

 

 

 

 

第4話 俺たちの戦争

第4話 俺たちの戦争

 

 

 

eigemann.hatenablog.com

 

HGBF ガンダムビルドファイターズ バトローグ 1/144 ストライカージンクス 製作記 PART1

こんにちはEigemannです。

 

今回は1/144 ストライカージンクスを製作します。ダブルオー見てた時からジンクスは好きな方の敵MSだったが今回ガンダムビルドファイターズ バトローグの4話をみたら妙に気に入ったので製作することに。製作自体はパンター戦車作ってる合間にすすめていたのでかなりすすんでいる。

 

HGBF 1/144 ストライカージンクス

カニみたいなマスクが特徴的。胸にはリアクティブアーマーみたいな装甲。GNディスチャージャーというGN粒子を放出する戦車のスモークディスチャージャーみたいなのを肩に装備してる。

 

 

HGBF 1/144 ストライカージンクス

GNスマートガン。かなりデカイ。

 

 

HGBF 1/144 ストライカージンクス

顔を後ハメ化。ガンダムじゃないMSでもこれやらないとイカンとは。角はシャープ化した。

 

HGBF 1/144 ストライカージンクス

かなりの箇所が肉抜きされている。この肩のパーツもそのうちの一つで目立つ。

 

 

HGBF 1/144 ストライカージンクス

プラ板で肩の肉抜き塞いでみた。

 

 

HGBF 1/144 ストライカージンクス

メットの裏と胸の装甲の裏もスカスカ。エポパテで埋めた。

 

 

HGBF 1/144 ストライカージンクス

シールドの裏もスカスカ。ジャンクパーツをつけてみた。メットの裏のパテが雑なのでプラ板貼った。

 

 

HGBF 1/144 ストライカージンクス

メットかぶせてみた。ちょっと厚みがあるので後で調整。

 

 

HGBF 1/144 ストライカージンクス

GNスマートガンを抱える。持ちてのとこに市販パーツ追加。

 

 

HGBF 1/144 ストライカージンクス

GNディスチャージャーの角度を切り離してつけてみた。後ろがここも肉抜きなのでプラ板で塞いだ。

 

 

HGBF 1/144 ストライカージンクス

合せ目消す。完全に消えてない。背中のバインダーはシャープ化。

 

HGBF 1/144 ストライカージンクス

足の裏の肉抜き埋め。スネのアーマーも蓋した。手首の軸隠しも作成。

 

 

HGBF 1/144 ストライカージンクス

シアノンを使って肉抜き埋めと合わせ目消しをおこなった。

 

 

 

HGBF 1/144 ストライカージンクス

色々弄った結果このようになった。

 

今回のまとめ

オリジナルアレンジをこのキットにおこなったものをネットでよくみるようになったが自分は普通に肉抜き埋めるので精一杯。プロポーション変えとか考える余裕もない。ガンダムじゃないMSを作るのは久しぶり。脚とかスゴイ違うなあと思った。バトローグみたときから珍しくガンダムタイプじゃないのに気に入って作り出したんだが、レナート兄弟の機体はジムスナイパーK9といい自分の好みなのが多い。ミリタリーアレンジしてるからだろう。この機体にもロシア戦車な雰囲気を感じる。仕上げも戦車風にしようかと考え中。

 

 

 

 

第4話 俺たちの戦争

第4話 俺たちの戦争

 

 

 

 

TAMIYA 1/48 ドイツ陸軍 V号戦車 パンサー G型 製作記 PART8

こんにちはEigemannです。

 

完成しました。ヨンパチ戦車で2ヶ月強かかってるのはかなり製作ペース落ちてるなあとか思いつつ、この戦車はやはり思い入れがあるのでかなり時間かけた。

 

TAMIYA 1/48 ドイツ陸軍 V号戦車 パンサー G型

最後に鉛筆で描き込んで完成。

 

 

TAMIYA 1/48 ドイツ陸軍 V号戦車 パンサー G型

正面。

 

 

TAMIYA 1/48 ドイツ陸軍 V号戦車 パンサー G型

反対側。

 

 

TAMIYA 1/48 ドイツ陸軍 V号戦車 パンサー G型

乾いた泥と濡れた感じの泥が今回こだわったとこだけどなかなか難しい表現。

 

 

TAMIYA 1/48 ドイツ陸軍 V号戦車 パンサー G型

後方。

 

 

TAMIYA 1/48 ドイツ陸軍 V号戦車 パンサー G型

エンジン周りは今回ホントに楽しめた。テカっているのはガイアのエナメルのオイル。

 

 

TAMIYA 1/48 ドイツ陸軍 V号戦車 パンサー G型

錆、泥、煤、オイルととにかく全部盛り。

 

 

TAMIYA 1/48 ドイツ陸軍 V号戦車 パンサー G型

側面装甲もだが転輪もドロドロにしてある。

 

 

TAMIYA 1/48 ドイツ陸軍 V号戦車 パンサー G型

砲塔を動かした。

 

 

TAMIYA 1/48 ドイツ陸軍 V号戦車 パンサー G型

この角度がやはり戦車はカッコイイ。

 

製作を終えて

パンター戦車ようやく完成した。時間かかったのはやはり色々あって週末製作に時間使えなかったのもあるがやはり思い入れが強い戦車だからというのもあった。

 

思い入れというのは小学生のころのガンプラブームの真っ只中にプラモの情報なんてコミックボンボンホビージャパンくらいしかなかった。しかしありがたいことに近所のプラモ屋がホビージャパンのバックナンバーをお客が自由に読めるようにしてたので買った駄菓子食べながらよく読んでいた。もちろんガンプラが見たかったのだが当時はスケモのページがほとんどだったので戦車とか飛行機とかばっかりで「んーガンダム載ってないなあ」とか思ってたらティーガーパンターとかが目に飛び込んできた。小林源文の黒騎士物語も連載されていたのでパンターが大活躍するところをよく見ていた。

 

当時は(今もだが)ガンダムが好きだったのでこういう戦車とか「ガンダムビームライフルで一発で吹っ飛ぶじゃん」くらいにしか思ってなかった。戦車とかアニメではかなりの確率でやられメカのイメージが強かった。しかも当時からプラモ屋に置いてある近所のモデラーの作例を見てあまりのレベルの高さに「こんなの作れるわけがない。おそらく一生作ることはないだろう。」と思ってた。 

 

かなり戦車に対してはネガティブな印象を持ち続けていたのにこの歳になってついにパンター戦車を作るまでになった。ちょっと感慨深い。プラモ作ってるとなにがあるかわからないものだ。

 

 

 

 

黒騎士物語【愛蔵版】

黒騎士物語【愛蔵版】

 

 

 

ガイアノーツ ガイアカラー オイル 10ml 模型用塗料 GE054

ガイアノーツ ガイアカラー オイル 10ml 模型用塗料 GE054

 

 

 

 

eigemann.hatenablog.com

eigemann.hatenablog.com

eigemann.hatenablog.com

eigemann.hatenablog.com

eigemann.hatenablog.com

eigemann.hatenablog.com

eigemann.hatenablog.com

 

TAMIYA 1/48 ドイツ陸軍 V号戦車 パンサー G型 PART7

こんにちはEigemannです。

 

パンターG型製作記第七回目です。今年はじめから作ってるのにまだ完成しないとは。こだわりがある戦車なのでやはり中途半端には終わらせられない。

  

TAMIYA 1/48 ドイツ陸軍 V号戦車 パンサー G型

履帯とか金属パーツにシルバーでドライブラシした。しかし艶消ししたらあまり目立たなくなったが艶消ししないほうがよかったのだろうか?側面装甲の汚しもやり直した。もうちょっと泥跳ね感だしたかったので。

 

 

TAMIYA 1/48 ドイツ陸軍 V号戦車 パンサー G型

砲身の先には煤汚れした。

 

 

TAMIYA 1/48 ドイツ陸軍 V号戦車 パンサー G型

こちらの側面装甲も乾いた泥と新しい泥はねを2色使って表現した。

 

 

TAMIYA 1/48 ドイツ陸軍 V号戦車 パンサー G型

上部はまとまった感があるのでここで艶のあるオイル汚れをいれるか迷っている。

 

今回のまとめ

今回で完成のつもりだったがやはりもうちょっと弄ってみようと思う。やはり妥協したくなかったので。しかししつこくなるのも嫌だなあと思いつつ。バランス取りって難しい。

 

 

 

eigemann.hatenablog.com

eigemann.hatenablog.com

eigemann.hatenablog.com

eigemann.hatenablog.com

eigemann.hatenablog.com

eigemann.hatenablog.com

 

 

TAMIYA 1/48 ドイツ陸軍 V号戦車 パンサー G型 PART6

こんにちはEigemannです。

 

パンターG型製作記第六回目です。もう第六回でまだ完成してない。なかなか時間がとれないのもあるけど、どのようにこの戦車仕上げるのかにもまだ悩んでる部分もある。

 

TAMIYA 1/48 ドイツ陸軍 V号戦車 パンサー G型

ウェザリングマスターのグランドブラウンで汚しを描き込んだ。雨垂れとか汚しとかを色々考えながら描く。筆で描き込みをおこない失敗したら薄め液で修正を繰り返す。

 

 この色がお気に入り。多用している。

 

 

TAMIYA 1/48 ドイツ陸軍 V号戦車 パンサー G型

エンジン周りを汚すのが楽しい。煤やらオイルやら色んな汚れが考えられるので結構好きにやれる。

 

 

TAMIYA 1/48 ドイツ陸軍 V号戦車 パンサー G型

右側も色々と描き込みをおこなった。

 

 

TAMIYA 1/48 ドイツ陸軍 V号戦車 パンサー G型

 泥汚れ表現を足廻りに行なった。ウェザリングペーストのマットホワイトを使ったがかなり白い。砂漠の砂が付いたようになった。これを乾いた土の汚れにしてこの上からもっと暗い色の汚しをおこなうつもり。

GSIクレオス Mr.ウェザリングペースト泥2 40ml WP02

GSIクレオス Mr.ウェザリングペースト泥2 40ml WP02

 

 色はかなり白い。砂とか乾いた土の表現にいいくらいの色。

 

 

TAMIYA 1/48 ドイツ陸軍 V号戦車 パンサー G型

こちらのほうが側面装甲大きいからかうまくった感が。

 

 

TAMIYA 1/48 ドイツ陸軍 V号戦車 パンサー G型

 暗い色のウェザリングペーストをつけて転輪はいい感じになったが側面装甲は白のペーストが落ちてしまった。なかなかにコントロールが難しい。

GSIクレオス Mr.ウェザリングペースト泥1 40ml WP01

GSIクレオス Mr.ウェザリングペースト泥1 40ml WP01

 

 初めて二色を同時に使ったが二色使ってこそ効果ある感じ。

 

 

TAMIYA 1/48 ドイツ陸軍 V号戦車 パンサー G型

マフラーと予備履帯の錆表現にはガイアノーツのエナメル塗料を使った。かなり赤くなったと思うが流石ガイア。いい色だと思う。 

ガイアノーツ ガイアカラー 赤サビ 10ml 模型用塗料 GE051

ガイアノーツ ガイアカラー 赤サビ 10ml 模型用塗料 GE051

 

 

 

 

ガイアノーツ ガイアカラー 黄サビ 10ml 模型用塗料 GE052

ガイアノーツ ガイアカラー 黄サビ 10ml 模型用塗料 GE052

 

 

 

 

ガイアノーツ ガイアカラー 煤 10ml 模型用塗料 GE053

ガイアノーツ ガイアカラー 煤 10ml 模型用塗料 GE053

 

 

 

 

TAMIYA 1/48 ドイツ陸軍 V号戦車 パンサー G型

予備履帯はここまでサビサビだと使い物にならないだろうとも言われるがこれは模型的表現でいいかと思う。なんか使い込んである感がするので。

 

今回のまとめ

完成まではたどり着けなかったがウェザリングは終盤まですすんだ。あとはオイル汚れと金属表現の追加くらい。次回で完成できそうだなと思いつつ。ビネットとかフィギュアもそろそろあわせて作りたいと思ってる。

 

 

 

eigemann.hatenablog.com

eigemann.hatenablog.com

eigemann.hatenablog.com

eigemann.hatenablog.com

eigemann.hatenablog.com