Eigemann Hobby Blog

プラモ初心者が日々制作に奮闘する様を描いたブログです

TAMIYA 1/48 ドイツ陸軍 V号戦車 パンサー G型 PART2

こんにちはEigemannです。

 

1/48 パンターG型製作記第二回目です。工作を終わらせて塗装の下地塗りまでを行いました。なかなかどのようにするか考えがまとまらず工作がダラダラと続いてしまった。あまりに有名な戦車なので作例も多くて余計に自分の一台をどうするか決めかねてしまう。

 

 TAMIYA 1/48 ドイツ陸軍 V号戦車 パンサー G型

マフラーとかエアコンのパーツが前回まで前期型と後期型のものをごちゃまぜにしていたので後期型で整えた。この辺基本塗装後に色々塗る時に面白い箇所なのでやはりこだわることにした。

 

 

TAMIYA 1/48 ドイツ陸軍 V号戦車 パンサー G型

OVMは基本塗装後に貼り付けるのが今までの自分のやり方だったが今回は基本塗装時にも取り付けておくことにした。ファレフォとかのアクリル塗料で後から塗るので問題ないと最近は思い出したので。

 

 

TAMIYA 1/48 ドイツ陸軍 V号戦車 パンサー G型

反対側も色々OVM付いてる。ダメージがかなりある車体にしようとしたがここまでOVM取り付けてはちょっと不自然なので大きくダメージ受けてない車体にすることにした。

 

 

TAMIYA 1/48 ドイツ陸軍 V号戦車 パンサー G型

サフ吹いた。車体はいつもの白。今回は迷彩にするので色が映えてほしいので。履帯は黒。転輪が重なっていて奥まった箇所が多いので後から塗れるかわからないので黒を使っておいた。

 

久々に使った。かなり粘り気のある感じになってた。

 

今回のまとめ 

目標だった塗装の下地塗りまで終えれた。問題は次回からの3色迷彩。ここが一番難しい。マスキングするか、粘土使うか、何もなしでやるか。方法は色々あるのでよく考えないと。

 

 

 

 

eigemann.hatenablog.com

 

 

 

TAMIYA 1/48 ドイツ陸軍 V号戦車 パンサー G型 PART1

こんにちはEigemannです。

 

今回は1/48 パンターG型作製します。商品名はパンサーなんだな。近年はパンターってドイツ語読みする傾向だと思ってたが。ようやく定番戦車に挑戦。今までがどちらかというとマイナーな戦車ばかり作ってたから。ティーガーとかパンターはスキル上がってからと先送りにしてた。今も充分スキルあるのかわからないけど。

 

 TAMIYA 1/48 ドイツ陸軍 V号戦車 パンサー G型

砲塔まで作製した。中戦車と思ったら意外とデカイ。今までがIII号とかヘッツアーとか作ったからでかく感じる。

 

 

 

TAMIYA 1/48 ドイツ陸軍 V号戦車 パンサー G型

履帯を貼った。非常に貼りやすかった。慣れもあるんだろうけど。やはり太い履帯は貼りやすい感ある。II号とかメチャ苦労した気が。砲身は合せ目消さないといけないんだがイマイチ消えてない。やり直しだな。

 

今回のまとめ

合せ目消し直ししたら塗装に入れるくらいまできたが、どのように塗装するかまだ決まってない。3色迷彩だろうけどダメージなしでキレイにするのか?結構ボロボロにするか悩みどころ。ボロボロにするならまだ工作も必要だし。

 

 

 

HG 機動戦士ガンダム THE ORIGIN MSD 1/144 局地型ガンダム(北米戦仕様) 製作記 PART5

こんにちはEigemannです。

 

HG 1/144 局地型ガンダム製作記最終回です。年内完成ギリギリでできました。最後のほうは急いで作業したので雑になった。

 

 HG 機動戦士ガンダム THE ORIGIN MSD 1/144 局地型ガンダム(北米戦仕様)

正面から。ウォッシングを全体に行って武器にはドライブラシした。全体的に色落ち着いたかな?

 

 

HG 機動戦士ガンダム THE ORIGIN MSD 1/144 局地型ガンダム(北米戦仕様)

背面から。バックパックはメタリックカラーつかったので艶消したりしなかった。その分色褪せた感じの全体から浮いてしまった。艶消すべきだったかなあ。イマイチわからん。

 

 

HG 機動戦士ガンダム THE ORIGIN MSD 1/144 局地型ガンダム(北米戦仕様)

キャノン砲が使いにくかった。水平にすると腕が上がらない。センサーにはシール使ったが塗装したほうがよかったな。

 

 

HG 機動戦士ガンダム THE ORIGIN MSD 1/144 局地型ガンダム(北米戦仕様)

ビームサーベル振り回すとどうも全体をいれるのが難しい。

 

 

HG 機動戦士ガンダム THE ORIGIN MSD 1/144 局地型ガンダム(北米戦仕様)

アップで撮ってみた。ライトが足りないのか顔がよく写らない。

 

 

HG 機動戦士ガンダム THE ORIGIN MSD 1/144 局地型ガンダム(北米戦仕様)

こんな腕に2本ビームサーベル使ったりするのかわからんが説明書に載ってた。

 

製作を終えて

ようやく完成した。5回かかった。HGでもガンプラ久しぶりなのもあるがやはり時間かかった。しかしガンプラはおもしろかった。作りやすいし。来年も他ジャンルもだがガンプラも多く作っていきたい。

 

 

 

 

eigemann.hatenablog.com

eigemann.hatenablog.com

eigemann.hatenablog.com

eigemann.hatenablog.com

 

 

HG 機動戦士ガンダム THE ORIGIN MSD 1/144 局地型ガンダム(北米戦仕様) 製作記 PART4

こんにちはEigemannです。

 

局地型ガンダム製作記第四回目です。今回で基本塗装を終わらせたかったがやはり全部完了まではたどりつけなかった。

 

HG 機動戦士ガンダム THE ORIGIN MSD 1/144 局地型ガンダム(北米戦仕様) 製作記

設定のカラーとは異なりプロトタイプガンダムカラーで塗装。黒の部分にはダークグレーを使用して黒すぎないようにした。武器はリトルアーモリーカラーが手に入ったので使用してみたがちょっと黒すぎたかなあ。ちなみにグロック17を塗ってみたらいい感じの色だった。実銃の色はMSの武器にはあまり合わないのか?

 

 

 

 

HG 機動戦士ガンダム THE ORIGIN MSD 1/144 局地型ガンダム(北米戦仕様) 製作記

武器はリトルアーモリーカラーのガンメタリックで塗り分けてみた。ダークグレーにはうっすら明るいグレーでグラデーションしてみた。ジプシーデンジャー作ったときと同じやり方。だがHGのパーツ小さいのでかなり塗るの苦労した。

 

 

 

HG 機動戦士ガンダム THE ORIGIN MSD 1/144 局地型ガンダム(北米戦仕様) 製作記

組み立てた。プロガンってよりダグラムっぽい?細部塗り分けが残ってるし塗り残し箇所も組み立て後に見つかった。まだまだ基本塗装は続く。

 

今回のまとめ

基本塗装完了までいけなかったがあと少しで終了できそう。デカール貼りとスミ入れくらいは次回で終わらせたい。その後にウェザリングをハデにやるか控えめにやるかで迷い中。陸戦タイプだがあまりドロドロに汚すのは気がすすまないけどなあ。

 

 

 

 

eigemann.hatenablog.com

eigemann.hatenablog.com

eigemann.hatenablog.com

 

HG 機動戦士ガンダム THE ORIGIN MSD 1/144 局地型ガンダム(北米戦仕様) 製作記 PART3

こんにちはEigemannです。

 

HG 局地型ガンダム(北米戦仕様) 製作記第三回目です。ようやく塗装開始。脚の合せ目消しに意外に時間取られて結局第三回目にしてようやく塗装開始できた。

 

HG 機動戦士ガンダム THE ORIGIN MSD 1/144 局地型ガンダム(北米戦仕様)

全パーツにサフを吹く。今回は白でなくグレーにしてみた。発色を考えて白を使ってたが元のパーツの成型色が色によっては透けちゃうのでなんか色々考えものだ。赤パーツにはピンクサフ。関節パーツにはメカサフライト、バックパックにはメカサフスーパーヘヴィにしてみた。

 

 

 最近良く使うサフ。この上から塗らなくてもそのままでもいいかな?って思うくらい。

 

 

 

HG 機動戦士ガンダム THE ORIGIN MSD 1/144 局地型ガンダム(北米戦仕様)

カラースキームはキットの設定と変えるのでニュートラルグレーと白を混ぜたものを各部パーツに吹いた。赤パーツはピンク味がかかった色。バックパック一部とバーニアにはメタリックカラー吹いた。

 

今回のまとめ

基本塗装を終わらせるところまでいきたかったが脚は自分の設定配色だと塗り分けが必要なのでもう一色は今回は塗れなかった。連邦のマークとか細かい塗り分けも残ってる。次回で基本塗装の完了とデカール貼りまでもっていきたい。スミ入れはウォッシングするかピンウォッシュにするか悩みどころ。

 

 

 

 

eigemann.hatenablog.com

eigemann.hatenablog.com

 

HG 機動戦士ガンダム THE ORIGIN MSD 1/144 局地型ガンダム(北米戦仕様) 製作記 PART2

こんにちはEigemannです。

 

HG 機動戦士ガンダム THE ORIGIN MSD 1/144 局地型ガンダム(北米戦仕様) 製作記第二回目です。合せ目消しを始めたけどなかなかに手強い。最近やってなかったからかな?

 

 HG 機動戦士ガンダム THE ORIGIN MSD 1/144 局地型ガンダム(北米戦仕様)

頭部と武器と関節をメインに合わせ目消し。以前から持っていたけど使ってなかった神ヤスリをつかってみた。非常に使いやすい印象。各粗さのペーパーヤスリが使いやすいサイズに切られて入っているので便利。これから重宝しそうだ。

 

 値段もお手軽なのでキット作る時ごとに買ってもいいかも。

 

 

HG 機動戦士ガンダム THE ORIGIN MSD 1/144 局地型ガンダム(北米戦仕様)

キットはそのままだとイマイチ足の接地よくないので靴の内側を削ることでかなり違いが出た。左が削ったもので右がキットのまま。

 

 

 

HG 機動戦士ガンダム THE ORIGIN MSD 1/144 局地型ガンダム(北米戦仕様)

このキットの足が変わった作りになっていて縦に三分割されている。そこが合わせ目になってるので関節の後ハメ化も一苦労。足のパーツを接着すると関節は外れなくなるので関節パーツのピンとループの部分を一部切り取った。これで関節を差し込み式にできるが強度はかなり下がる。ネオジムを使って強度上げるかも。

 

 

 

HG 機動戦士ガンダム THE ORIGIN MSD 1/144 局地型ガンダム(北米戦仕様)

サフを吹いて合せ目消しをチェック。殆ど消えたが脚のパーツはなかなか消えなくて困ってる。パテ埋めでもするしかないな。

 

今回のまとめ

今週末で塗装下地までやりたかったが、まだ合せ目消しが続きそう。来週からは塗装に入りたいがどのようなカラーにするかまだ未定。キットの設定どおりではないカラーにしたいなあとは思ってる。

 

 

 

 

eigemann.hatenablog.com

 

HG 機動戦士ガンダム THE ORIGIN MSD 1/144 局地型ガンダム(北米戦仕様) 製作記 PART1

こんにちはEigemannです。

 

今回はHG 機動戦士ガンダム THE ORIGIN MSD 1/144 局地型ガンダム(北米戦仕様)を作製します。オリジンのMSを作るのは初めてじゃないかな?しかもまだガンダム劇中では登場してないのにガンダム派生版が登場。スピンオフ漫画の「ククルス・ドアンの島」は読んでいるのでこの正体不明MS気になってた。

 

 

HG 機動戦士ガンダム THE ORIGIN MSD 1/144 局地型ガンダム(北米戦仕様)

完成。組み立ては特に問題なく。ガンプラは久々でやはり作りやすいし楽しい。

 

 

 

HG 機動戦士ガンダム THE ORIGIN MSD 1/144 局地型ガンダム(北米戦仕様)

最初はジオラマを作りたいとぼんやり考えてたところからこのキット選んだので、考えていた接近戦での銃撃ポーズをとらせてみたがやはり腕がそんなに曲がらなかった。平手も銃を包み込むような手が市販のではあまりなさそう。

 

 

 

HG 機動戦士ガンダム THE ORIGIN MSD 1/144 局地型ガンダム(北米戦仕様)

ガンダムフェイスを後ハメ化等の定番合せ目消し作業を開始した。胸のダクトの段差にプラ板を追加。ちょこっとディテールアップ。大幅プロポーション変更までは考えてない。

 

今回のまとめ

これが今年最後のキットになりそう。ガンプラガンダムばかりの一年だった。このキット足が非常に塗りにくいので後ハメ化はちょっと手こずりそう。次回のお題にした。しかし年明けの展示会に持っていきたいのであまり時間はないので早めに作業していかないと。