読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Eigemann Hobby Blog

プラモ初心者が日々制作に奮闘する様を描いたブログです

HG 1/144 MS-06R 高機動型ザク ”サイコザク” (機動戦士ガンダム サンダーボルト) 製作記 Part3

プラモ ガンプラ HG 1/144 MS-06R 高機動型ザク "サイコザク"


スポンサーリンク

こんにちはEigemannです。

 

サイコザク製作記第三回目です。塗装準備まで今回で行きたかったが残念ながらちょっと無理そう。ちょっとした改修を行うつもりがかなり苦戦中。やはりパテをうまく成形することが苦手なんだな。スジ彫りも苦手だし苦手なことだらけだ。

 

 

サイコザク 

Waveのバーニアオプションパーツを脚の補助スラスターみたいなのはヤスリで削り落として取り付けた。見栄えがちょっと良くなったかな?

オプションシステム シリーズ Uバーニア フラット 1

オプションシステム シリーズ Uバーニア フラット 1

 

 

 

サイコザク
FAガンダムもだったがサブアームは肉抜きされてる。脚の裏も。迷ったが埋めることに。どっちでもいいくらいには思ってたが軽い気持ちで始めてしまったってここからが問題。まずプラチップをランナーから作り、肉抜きされた箇所に埋める。パテが肉やせするのを防ぐため。瞬間硬化パテがうまく混ざらなかったので黒い瞬間接着剤を使った。ここら辺から失敗の始まり。
 
 
サイコザク

 瞬間接着剤ではキレイに埋まらなかった。やり方が悪いのもあるけど。埋める面積が広すぎた。かなり表面がガタガタ。ポリパテを上から塗って表面を滑らかにすることにした。

 

 

 サイコザク

サブアームは多少滑らかになった。しかし見栄えが悪いのでプラ版貼ることに。足裏はモールドがあるので彫り直ししてたらポリパテの強度弱かった箇所が陥没した。

 

 

サイコザク
サブアームにはプラ版を貼り、足裏の陥没は瞬間接着剤で埋めて修正後にサフ吹いてみた。なんともまだ表面が荒い。キレイに成形するの難しいな。
 
 
今回のまとめ

今回塗装準備まで行きたかったがまだ改修が続きそう。しかしそろそろ塗装考え出さないと。改修でここまで時間かかってるが実際には塗装のほうが時間かかるはず。

 

 

 

 

機動戦士ガンダムサンダーボルト 1 (ビッグコミックススペシャル)

機動戦士ガンダムサンダーボルト 1 (ビッグコミックススペシャル)