読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Eigemann Hobby Blog

プラモ初心者が日々制作に奮闘する様を描いたブログです

TAMIYA 1/48 ソビエト陸軍 重戦車 JS-2 1944年型 ChKZ 製作記 PART1


スポンサーリンク

こんにちはEigemannです。

 

今回は1/48 ソビエト陸軍 重戦車 JS-2を製作します。ついに重戦車。以前KV-1作ったけど最近は中戦車とか軽戦車ばかりだったので。

 

普通重戦車といえばティーガーなんだろうけど何故か作る気にならず。あれプラモ狂四郎での悪印象が強すぎるんだろうなあ。といってもこのIS-2も戦車ゲームでいつもひどい目にあわされてるのでいい印象があるわけではない。

 

去年の展示会で展示されていたIS-2があまりにかっこよかったので今回はマネて作ってみることにした。

 

1/48 ソビエト陸軍 重戦車 JS-2 1944年型 ChKZ

車体と砲塔まで組み立てた。最近III号とかばかり作ってたからデカイ。というか砲身が長いので写真に全体収めにくい。

 

 

 

 

1/48 ソビエト陸軍 重戦車 JS-2 1944年型 ChKZ

履帯を貼った。デカイソ連戦車の履帯は貼りやすい。横幅があるので。そしてロシアングリーンのカラーモジュレーションセットをGETした。この日が発売日だったと思う。カラーモジュレーションを諦めきれず、ロシアングリーンが出たのでこの戦車を選んだという理由も今回ある。

 

 

1/48 ソビエト陸軍 重戦車 JS-2 1944年型 ChKZ

展示会でみた作品をマネてダメージ加工をおこなった。初めて作るキットをここまで壊すのはちょっと気が引けたがしょうがない。フェンダーを前部と後部切り取った。あと増加タンクが外れていたので一つはアタッチメントのみ切り取って残し、もう一つはドラム缶が縛り付けてあったので他のキットからドラム缶もってきた。

 

 

 

 

1/48 ソビエト陸軍 重戦車 JS-2 1944年型 ChKZ

下地の白サフ吹いた。最近は下地は白でフィルタリングで暗くしていく手順をIII突から使ってる。履帯は相変わらずロコ組み。もう接着してもいいのでは?と思いつつもやってしまう。しかし片側外したら転輪全部外れた。仮止め用のテープつけてたの忘れてた。

 

今回のまとめ

スターリン戦車といえば小林源文のマンガでガンガンドイツ軍戦車の弾を弾いて122mm砲で敵を倒す無敵戦車なイメージがあった。しかしシャーシがすごい細い。実際には車内も狭くて搭載できる弾の数も少ないらしいし装填時間も長いとのこと。ちょっとイメージと違った。キットは非常に作りやすい。さすがTAMIYA。なので問題は塗装だなあ。うまく塗れるといいのだが。いつものごとくこれはどうなるか自分でもさっぱりわからない。