読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Eigemann Hobby Blog

プラモ初心者が日々制作に奮闘する様を描いたブログです

HG 1/144 グレイズ改 (機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ) 製作記 PART1


スポンサーリンク

こんにちはEigemannです。

 

今回はグレイズ改を作製します。2体続けて同じガンダム作品からチョイスするとは自分でも思ってなかったのですが。グレイズ改が発売されるのは結構前から知っていたので一般機グレイズは買わずに改まで待ってみた。パーツを組み替えるだけで両方が作れると思ってたから。残念ながら一般機のパーツはグレイズ改には入っていなかった。バンダイもそこまで甘くはなかった。一般機のキット売れなくなるだろうからね。

 

 

 HG 1/144 グレイズ改

素組みした。腕短いのに足がやたら長い。こんなキットだったんだ。バルバトス作り続けてたののでプロポーションの違いに驚いた。パッケージアートの明弘がこっち見過ぎでなんかウケる。

 

 

HG 1/144 グレイズ改

バズーカが入っていると聞いたのでオプションセット2も購入。バズーカだけでなく地上用ブースターもグレイズ用に入ってた。全部取り付けるとこんな感じ。フルアーマー状態で全く別物MSに見える。

 

 ほぼグレイズ用のパーツばかり。今度は宇宙用のモビルワーカーも作るつもり。

 

 

HG 1/144 グレイズ改

グレイズ一般機のパーツはグレイズ改に入ってないのでキットまるごと買った。頭、胸、肩、ブースターを付け替えるだけで一般機に組み替えれる。丸々2体は作らず差し替えで両方を作るつもり。オプションセット1のシールドが余っていたので使いたかった。

 

 

 

 

HG 1/144 グレイズ改

合わせ目消しが必要なパーツだけ抜き出した。モビルワーカーはまた4パーツで合わせ目はない。殆どが武器で合わせ目が少ない。一番のデカイのは脚のパーツ。合わせ目消すと塗装が難しくなるのでパーツを分割して合わせ目消した。

 

今回のまとめ

鉄血のオルフェンズから2体連続。しかもザクポジションのMS作るとは自分でも意外。本編の面白さもあるけどMSのデザインも今回気に入ってる。こいつが鹵獲機という設定もお気に入り。ガンダムシリーズいつも見てて主人公側は戦力不足で序盤悩まされるけど敵のMS奪えばいいのにと以前から思ってたが今回それが映像化された。キットの作製は次回は下地塗りくらいは始めたい。できれば塗装開始くらい。

 

 

 

 

 

 

 

eigemann.hatenablog.com