読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Eigemann Hobby Blog

プラモ初心者が日々制作に奮闘する様を描いたブログです

TAMIYA 1/48 ドイツ 駆逐戦車 ヘッツァー 中期生産型 製作記 PART1


スポンサーリンク

Willkommen!  Eigemannです。

 

今回はドイツ 駆逐戦車 ヘッツァーを作製します。ようやくこの戦車が手に入った。この戦車が一番最初に作りたかったくらいだけどずっと品切れ。ヤフオクとかで高値で売られてたけど買う気にはならず。もう諦めて1/35で作製するつもりだったけど再販された。

 

何故この戦車なのかっていうのは某戦車ゲームが主な理由。序盤ではかなり強い部類の戦車で勝てる試合も何度かこの戦車のせいでひっくり返されたりした。自分で手に入れてからも未だに使ってるお気に入り戦車。

 

 

ドイツ 駆逐戦車 ヘッツァー

MarderIII,38tとここ連続車体が同じキット作ったが基本この戦車も同じはず。キットはさすがに同じものではなかった。でもやっぱり小さい。パーツも少なくて箱開けたときにランナー1枚くらい足りないのでは?と思ったくらい。

 

 

ドイツ 駆逐戦車 ヘッツァー

組み立ては今までの戦車でも簡単な部類。すぐにここまで組み立てれた。問題は側面の装甲板が邪魔で履帯を外すようにするとぶつかって取れないので全パーツを接着できないこと。これどうすればいいんだろう?塗装後に側面の板を接着するほうがいいのだろうか?

 

 

ドイツ 駆逐戦車 ヘッツァー

オキサイドレッドで下地のサフ吹いた。以前三号突撃砲でも下地がブラウンにしたがあまり結果気に入ってないので今回悩んだが黒でなく茶系の下地にした。足廻りにだけは黒も吹いておいた。後で塗装をごまかしやすい。

 

GS-04 サーフェイサー エヴォ オキサイドレッド 50ml

GS-04 サーフェイサー エヴォ オキサイドレッド 50ml

 

 これ使ってみた。綺麗なあずき色。なんか美味しそうなものに見えてくる。

 

今回のまとめ

待ち焦がれてたHetzerが手に入ったのでガンダムとマシーネンクリーガーで制作したの一時中断して戦車始めてしまった。これホントに欲しかったからなあ。失敗したくないが3色迷彩にするつもり。うまくいくといいけど。単色も考えたが折角手に入ったHetzerを三突のように不完全燃焼で終わらせたくないな。