読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Eigemann Hobby Blog

プラモ初心者が日々制作に奮闘する様を描いたブログです

TAMIYA 1/48 ドイツ 対戦車自走砲マーダーIII 製作記 Part3

プラモ 戦車 TAMIYA 1/48 ドイツ 対戦車自走砲マーダーIII


スポンサーリンク

Guten Tag! Eigemannです。

 

マーダーIII製作記最終回です。ガンプラばっかり作ってたからスゴイ短期間で完成したように感じる。しかし汚し塗装は奥深いのでどこまでもやろうと思えばやれるからどこが完成形か判断難しかった。最後は満足いったか本人の決めしかないかなあ。

 

 

 ドイツ 対戦車自走砲マーダーIII

 冬季迷彩にサビ汚しをおこなった。普段はエナメル塗料なんだが今回はガンダムリアルタッチマーカーを使用してみた。AFVにガンダムマーカー?と思ったがこれでメチャリアルに仕上げる人の作品見たので自分でも試してみたくなった。

 

ガンダムマーカー リアルタッチマーカーセット (1) 5色セット+ぼかしペン GMS112

ガンダムマーカー リアルタッチマーカーセット (1) 5色セット+ぼかしペン GMS112

 

茶色とかオレンジがメインだが赤とかも混ぜるとなかなか面白い色になる。この戦車サイズが小さいのでこのペンで塗るの向いていた。 

 

 
ドイツ 対戦車自走砲マーダーIII
足回りにはTAMIYAのウェザリングマスターを使用。泥がべったりついた感じにしようかと思ったがホイールの汚しが見えなくなるから軽めにしておいた。

 

タミヤメイクアップ材シリーズ No.79 タミヤ ウェザリングマスター A (サンド) 87079

タミヤメイクアップ材シリーズ No.79 タミヤ ウェザリングマスター A (サンド) 87079

 

 これのMudを使った。映画Fury見たあとなので粘土質の土がべったりくっついた感じがよかったんだがこれだとファンデーションっぽいからサラサラした汚しになる。

 

 

ドイツ 対戦車自走砲マーダーIII
オープントップの戦車は初とはいえ作りがボロボロ。あちこちパーツが曲がってしまった。 
 
 
ドイツ 対戦車自走砲マーダーIII
正面から。塗装はシリコンバリアーで塗料剥がしとかして気に入ってるがあちこちパーツが曲がってイカンな。組み立てが難しかった。
 
 
ドイツ 対戦車自走砲マーダーIII
 右側から。
 
 
ドイツ 対戦車自走砲マーダーIII
 内部が見えると面白い。フィギュアがキットには付いてくるがかなり小さい。内部に座るポーズではなく、横に立つポーズなので作らなかった。
 
 
ドイツ 対戦車自走砲マーダーIII
内部は特に色指定ないんだが。多分煤けて真っ黒だろうなと思ってあまり白くしなかった。金属の剥がれとかあるかな?と思って少しシルバー入れたが効果はよくわからない。 
 
 
ドイツ 対戦車自走砲マーダーIII
背面から。内部のパーツがいくつかなくなった。
 
 
ドイツ 対戦車自走砲マーダーIII
上部から。カゴが曲がりまくってるな。 
 
 
ドイツ 対戦車自走砲マーダーIII
 左側から。正面が光まくるので撮影難しかった。ライト当てると反射しまくるので全体的に暗くなった。
 
 
ドイツ 対戦車自走砲マーダーIII

 こうみるとチョロQ感ある。かなりコンパクト。II号戦車サイズだしな。

 

 

作製を終えて

最初は駆逐戦車作りたいのにHetzerとかIII突売ってなくて渋々余ってたこの戦車買ったのだけれど最終的にかなりお気に入りになった。ゲームでも使うようになったくらい。シリコンバリアー塗装剥がし、ガンダムマーカーでの汚しなど今までやったことない技術も試せたし非常に今回楽しめた。今後も汚しは続けるかな。今までは新車仕上げが気に入っていてやってなかった。